「白髪を気にする人がやっておきたい3つのこと」

秋晴れが続いていますねぇ。
運動会シーズン、30代過ぎるとやっぱり走るのは
抵抗がありますが、いつまでも健康で
あるためには体力づくりをしないといけないですよね。

運動会では保護者として出る機会が多い中、
やっぱり若いお父さん、お母さんがいい!
なんて見た目も気にしたりしますよねぇ。
年齢を左右するポイントとしては
白髪・・・。があります。

白髪があるだけでも+5歳は老けて見える人も・・・。


白髪が増えてきたなぁと思った時には
かならず意識しておきたい行動はこちらです。


①頭皮マッサージ

白髪になる原因はメラニンの代謝異常。
黒くしないといけないメラニンが黒くならなかった時白く
髪の毛が変化します。
そのメラニンの代謝異常を防ぐには
血流をよくすることが大切です。
シャンプーをするときに優しく頭皮をマッサージするように
洗うだけでも効果大。
頭がぽかぽかするくらいが目安です。
決してごしごしこすらないようにしてくださいね。

②禁煙

利尻ヘアカラートリートメント Amazon
喫煙は血液を収縮させて、酸素や栄養が全身に
わたるのを邪魔してしまいます。
なので頭皮にいく栄養や酸素が十分にいかなく
なることで白髪もできやすくなるのです。


③ストレスをためないこと

ストレスも血流を悪くしてしまう原因になります。
なのでできるだけ、白髪ができても気にしすぎないことも
大事。それだけでも白髪を逆に増やす原因になってまいます。
できるだけ楽しいなぁと思えることを見つけることも
大切ですよね。

見た目年齢を左右する、白髪。
気にし過ぎもよくないけど、できるだけ頭皮にとっては
いいことをしたいものですよね。

お休みの日にはストレス発散に
身体を動かして、夜は頭皮マッサージをするなんて
理想的かもしれません。

体調不良?!と思った時にチェックすること



じめじめとした季節から夏へ入りますね。
暑い時期の到来に身体も夏モードに
入る時期にスイッチが切り替わる時では
ないでしょうか?

この時期はまだ梅雨のじめじめが
抜けない時でもあります。
そして、どんどん暑くなっていくことで
夏バテかな?と思って疲れるなどという
状況もでてくるかもしれません。
でも、

・頭痛
・めまい
・吐き気
・立ちくらみ
・こむら返り

こういった症状が出てくると、
実は熱中症の可能性もあるのです。

緊急搬送される熱中症患者は夏の暑い日と同じぐらい、
梅雨の晴れ間、梅雨明けの暑い日に多いと
いわれています。

①暑さに慣れていない
②エアコンをつけなくても大丈夫
③湿気により水分をとることをしない

などということが原因となって
熱中症が起こるのです。

体調不良だと思っていたことが実は
熱中症だったということにもなりかねないのです。

予防策としては
水分

一気に水分をとっておくのではなく、
喉が乾かなくても1時間に1回はコップ1杯程度の
水分をとっておくことが大切です。
基本的には身体にすぐに入るのはお水。
お茶はミネラルを含む麦茶などもおすすめです。

汗を大量にかくことがあればスポーツドリンクが
とても有効的ですが、あまり飲み過ぎれば
糖分過多になるのでご注意してください。

塩分

汗をかいた分ナトリウムも一緒にでていくのですが、
そこでナトリウムと水分をとれるスポーツドリンクは
最適です。ただ、糖分も多いので沢山飲めば
脂肪につながる・・・ということにも。
梅干しはクエン酸も含み疲れを防止してくれる
効果があるので夏の汗をかく時期にはおすすめです。

暑くなる前から是非、夏バテ対策をして
身体のコントロールをしてみてくださいね。

だるさが気になる人がたべているもの


暑さが本格的にきびしくなってくる
時期になりそうですねぇ。。
梅雨が終わって夏がくる前に
もうだるい・・・って
なっている人はいませんか??

そういう人ほど実は自分自身が
食べているものでだるさを引き起こしているのです。

・アイスコーヒー

これをよく飲むようになっていませんか??

アイスコーヒーが美味しい季節ですが、
エアコンが効いた場所での氷たっぷりの
アイスコーヒーは身体を冷やす原因に。
それ以外に飲み物をとらない人も
要注意なのです!!

カフェインによって利尿効果がある
→体内の水分が減る→汗をかく
→体内の水分がさらに減る→血液が粘ってだるさにつながる

ということが知らず知らずのうちに
おこっているのです。

また、
朝ごはんに

カフェオレ+甘い菓子パン。。。

なんていうのも一気に血糖値が上がり、
すぐに元気~ということがあっても、
しばらくすればもうだるだる。。。って
いうことにもなりかねません。
カフェでのメニューも甘いマフィンや
フラペチーノで元気になろうって
思う人は要注意です!!


朝に疲れ知らずにするための
メニューは
疲れの原因である乳酸を分解してくれる大豆類→味噌汁

クエン酸を多く含む
→梅干し入りのおにぎり
またオレンジ、甘夏などの柑橘系の果物。

これらはとてもいいメニューになりますよ!!


また、朝をたべることで体内に起きるスイッチが
入ります。1日をしっかりと活動したい場合には
朝を抜くのはやめて、軽くでもいいので
食べるようにしたいですよね。

今食べているものが実は
だるさをつくっているかもしれません!!
パワー全開で1日を過ごすためにも
食べるもの、飲み物を少し変えてみては
いかがでしょうか?

「妊娠中でも安全?ハーブティの種類」

もうすぐ寒さもきびしくなってくるのかなぁって
ちょっと思うところなのですが・・。
寒くなってきたら温かい飲み物が恋しくなりますよね。

でも気をつけたいのが、
「妊娠中の飲み物」

です。
よく妊娠中はハーブティを
って言ってコーヒーなどのかわりに
愛飲する方もおおくいらっしゃいます。
ハーブの中でも妊娠中に気をつけたいハーブ。
飲むと効果的なハーブがあるので
注意しないといけませんよね。


妊娠中に飲みたいハーブティ。

①ルイボスティ

こちらはお茶の代わりに飲む方も
多いかと思います。亜鉛、カルシウム、鉄分など。
妊娠中には必要とされる成分が含まれるので
効果は高いです。

②ローズヒップティ

若返りのお茶とも言われるローズヒップ。
こちらはビタミンがとても豊富に含まれる
お茶です。
少し酸味があるのでさわやかな気分に
なるかもしれませんね。

③ラズベリーリーフティ

こちらもよく妊娠中のママさんの中では
飲む人が多いとか。
安産のお茶と呼ばれるくらいで
お産が楽になるというものらしいです。
ただ、妊娠初期は子宮収縮作用があるということなので、
避けた方がよいでしょう。安定期に入ってからを
お勧めします。


妊娠中には注意したいお茶

①ハトムギ

これってよく市販のものにも入っていますよね。
実はハトムギには子宮収縮作用があるそうです。
ノンカフェインといって飲んでいる人は注意してくださいね

②カモミール

こちらもハーブティとしては代表的な
飲み物。ですが、こちらも子宮収縮作用があるので
妊娠初期には避けた方がいいハーブティです。


たくさんあるハーブティ。
どれがあっているかというのは自分でもしっかり
確かめてから飲むようにした方がいいですよね。
また、お水と違ってお茶なので、
利尿効果があったりと、必要な水分が
抜けてしまう場合もあります。

なので合わせて常温のお水を飲む習慣を
つけてみてくださいね。

メタボ対策にも!疲れない体づくり

晩秋になりました。。
もうすぐ冬になるかと思うと・・・。
ちょっとさみしくなりますねぇ。

秋から冬に向けてすこーし
体重が増えている・・・ってことありませんか?

特に30代後半。20代と同じように食べていたのでは
きっと体重の増加が気になってくるのです。
そして健康診断でもひっかかかったりして、、、
メタボも気になり、そのまま40代に入ってしまうのは
嫌ですよね。

身体が太りやすくなったのとともに、20代の頃に比べて
疲れが取れない、疲労感が続く。
休みの日には寝てばかり・・・。なんて人も
見直したいのが生活習慣です。


原因の1つが
「食べ過ぎ」です。

20代にはご飯はおかわりはかならず。
ラーメンなら替え玉。そしてファーストフードは
良く利用する。なんていうのが当たり前だとしたら・・。
この生活では基礎代謝が落ちる30代には一気に
太っていきます。現代人の食生活では
食べ過ぎになることがほとんどだそうです。

また太ることで、脂肪が肝臓にまで絡みついていき、
代謝や解毒まで影響して疲労感をおこします。
そして太りやすくなった身体は動かしにくくなり、
さらに運動不足をも招く原因にもなります。


バランスよく・・・
というのはとっても難しかったりします。
ただ、食べるものを変える。
食べるタイミングを工夫するだけでも
立派なダイエットにもつながるのです。



①食べるものを変える。

3食すべてのものをヘルシーにするのは
とてもいいことなのですが、食べることが
好きな人にとってはとても苦痛なこと。
なので、1食から食べるものをヘルシーにしてみては
いかがでしょうか?
まずは夜に炭水化物などの糖質を抜いてみるのが
おすすめです。

また塩分もとり過ぎるとむくみにつながり、
疲れがでやすくなるので、塩をスパイスやハーブなどにかえてみる
だけでもかなり減塩になります。

②食べるタイミングを変える。

たんぱく質の中でも脂肪を身体に貯める
たんぱく質の1つである「BMAL1」というのが
一番少ない時間帯が午後2時。少しランチをおそめに
できればその時間に一番がっつりしたものを食べる。
それ以外朝、夜はは少し控えめにすると脂肪がつきにくくなります。


少しずつの心がけでも身体に負担がなく、
倦怠感がとれる生活を送れるかもしれません。
まずは食生活から変えてみてはいかがでしょうか?

おやつ大好き

ダイエット中の方の中には、どうしてもおやつが止められないという方も少なくないはずです。
ダイエットは摂取カロリーを抑える必要があるため、間食を止められない方は、摂り方に注意する必要があります。

例えば、ダイエットを進めていくと空腹感とストレスに襲われます。
その状態が続くと、結果的にダイエットを諦めてしまう原因となってしまいます。
せっかく始めたダイエットなのに、途中で止めてしまうのではこれまでの努力が水の泡です。
そこで役立つのがおやつです。
ダイエット中でも、果物や和菓子などは比較的カロリーが低くオススメします。
自身へのご褒美として、計画的におやつを食べるとより一層ダイエットへの励みになるかもしれません。

次に食べる時間ですが、基本的に夜はダメです。
寝る前2時間は水分以外は摂取しないように心がけましょう。
おやつの種類としては、スナック菓子やケーキ、クッキーなどのカロリーが高いものは控えるようにします。
当然、どんなに低カロリーなものでも食べ過ぎには要注意です。
ダイエットに適したビスケットやクッキーなども市販されていますから、そういったものを利用するのもいいでしょう。

賢く自身をコントロールしながら、楽しくダイエットをすすめていきましょう。

ウォーキングのダイエット

ダイエットにおいてリバウンドを防ぐためにはウォーキングが適しています。改めてウォーキングと言うと、何か大変そうに思えますが、自宅の周りを散歩するだけでも、ウォーキングですから、難しく考えないで歩くことを実践しましょう。

リバウンドは何とか避けたいでも書きましたが、その時に注意しておくポイントをまとめてみましょう。1つは腕の振り方です。肘を90度に曲げて、走るときと同様に大きく腕を振って歩きましょう。 上半身の筋肉が効率よく動くので、基礎代謝が上昇します。
二つ目は歩幅を大きくすることです。普段の歩き方より少し歩幅を大きくして歩くようにしてください。そのことで下半身の筋肉が効率よく動くので、腕の振りとの相乗効果で全身の代謝が上がります。
この2つのポイントを意識しながら歩けば、近所の散歩でも全身運動になります。リバウンド防止やダイエットの効率を高めるなら、このように簡単な運動を毎日行うようにしましょう。1日15分程度の運動で十分ですから、1日のうちの都合のよいところで取り入れることが可能でしょう。ウォーキングは特別な用意は必要ありませんから、いつでも始めることができますので是非挑戦してください。

 

健康になるために

有酸素運動はダイエット目的の人だけでなく健康になりたい人も取り入れています。
なぜなら、有酸素運動を継続的に行うことは健康を促進させ病気を防ぐことができる大変素晴らしいことだからです。

有酸素運動を行うと、心肺機能が向上し、疲れにくい身体をつくることができます。
さらに、血圧を安定させる作用もあるので、健康的な身体を得ることができます。

また運動をすることで足腰も丈夫になります。
歳を重ね老化が進むと、筋肉は弱化し骨はもろくなり、怪我や病気のしやすい身体になってしまいます。
これは誰しもに起こることです。
しかし、ウォーキングなどの運動を継続的に行うことで筋肉の弱化や骨がもろくなることを防ぐことができます。

さらに有酸素運動は日光の下で行うと、より効果的なのです。
日光を浴びることには、ビタミンを作り出す働きや精神を安定させる作用があります。
日光の下で有酸素運動を行えば、一石二鳥ということになります。

足腰に不安のある人や肥満気味だた感じている人、病気がちな人、みなさん少しずつ運動を始めましょう。
決して無理をせず、ご自身のペースで取り組んでいってください。
まずは、ウォーキングから。
慣れれば早歩きというように自分の身体と相談しながら進めていってください。
近くに運動の専門家がいれば、助言をもらうと良いでしょう。

もしくはエステサロンでもそういう指導をしてくれることがありますよ。私はエルセーヌのキャビテーションに通っているんですが、食事や運動方法などもアドバイスをもらっています。

有酸素運動を習慣にすると、様々な健康効果が得られるので、健康のために、みなさん運動を日課にしてみてはいかがでしょうか。

芸術を趣味にしてみる

芸術に関する趣味には多くのものがあります。すぐに思いつくものには絵や音楽があります。これらの中にも更に多くの分野があります。芸術は人間が長い時間をかけて育んだ英知や伝統を備えたものも多く、学ぶことで深い教養を身につけられます。そしてその教養は人を魅力ある人物にします。
芸術の趣味と言っても自分で行うこと、また鑑賞することの両方があります。そのどちらも生涯を通じて行える趣味と言えるでしょう。
絵を描くことが好きなら比較的簡単に始められる色鉛筆画などはいかがでしょう。油絵や水彩画のように画材の準備や技術の勉強をすることなく、すぐに描き始めることができます。もちろんこれは始めるのには比較的簡単だと言うことで、すぐに素敵な絵が描けるということではありません。また鑑賞が好きなら美術館やギャラリー巡りがいいでしょう。自分の都合のいい時間に出かけていけるのも、普段とは違った生活ができていい趣味になると思います。
音楽の趣味も同じように自分で楽器を演奏することや、コンサートホールへ行って鑑賞することの両方の楽しみ方があります。また演劇などもこれと似ています。舞台を見ることがこうじて役者になった方もいらっしゃいます。
伝統文化の分野にも同じように趣味として触れることができるものがたくさんあります。茶道や華道、日本舞踊などです。これらは習うことで伝統を守るという意味もあります。
芸術の趣味は人生に深みを増してくれるでしょう。

リバウンドはナントしても避けたい

短期間で痩せることは決して難しいことではありません。大変なのはその痩せた状態をどうやってキープさせるかということです。
単に体重を落として見た目を細くするだけであれば、食事の量を極端に減らせばいいだけですからね。しかしこの方法ではリバウンドしてしまう可能性が非常に高くなります。リバウンドとは元の体重に戻ってしまうということだけではなく、それ以上に増えてしまうこともリバウンドなのです。何度も短期間で痩せるダイエットに挑戦し、その度に失敗してしまうと、リバウンドが原因でどんどん体重が増えてしまう危険もあります。
短期間ダイエットだけではなく、長期間ゆっくりとダイエットを実行しても、リバウンド対策をしていなければ、多くの人が結局はリバウンドしてしまいます。
痩せた状態をキープさせたいのであれば、急にダイエットを中止しないことが大切です。
例えば、食事量を減らしてダイエットしていたとします。目標体重まで減量することが出来たとしても、すぐに普通の食事に戻してはいけません。頭の中ではダイエットが終わったつもりでいますが、体は急にカロリー量に変化があり、びっくりしてしまいます。食事を減らしたことにより、少しのカロリーで生命を維持出来るように体が変化しています。
そんな状態で急激にカロリーが増えてしまったら、カロリーオーバーになってしまいます。
リバウンドをせず短期間で痩せるためには、ダイエット終了後は徐々に元の食事に戻す必要があります。

リバウンドの無いエステって、たぶん体質を変えてしまうことなんだろうと思うこの頃。そういう意味ではスリムビューティハウスの骨盤ダイエットがいいのかなと思うけどどうだろう。渋谷の痩身エステを探しているんですが他に良いとこ知りませんか?